月別アーカイブ: 2021年 7月

お庭をリフォーム、すっきリガーデン

2021.07.9 | Category:エクステリア 施工例

草だらけになって手が付けられなくなったお庭は少なくないかも。

私も同様の経験があります。

癒されるお庭でなければならないのに、苦痛のお庭になる事は、実際あります。

だって~、忙しいんだもん!

だけど緑の無いお庭はお庭ではない。と、あえて言わせていただきましょう。

楽しんでお手入れが出来て、お部屋から見て癒されるお庭が理想ですよね。

 

そんなお庭に変身させた施工例をご紹介します。

 

before

after

不要な庭木は伐採し、土のスペースを減らしました。明るい色の平板をゆったり歩いてメンテナンスできるように。

残したい草花が大きい株だったので、花壇いっぱいになってしまいましたが、植え替えしたりして楽しんでいただきたいです。

 

before

after

アプローチのインターロッキングが年数を経て汚れてしまったので、思い切って新しく敷き直し。

インターロッキングは、取り外し、砕石路盤を残したまま敷きなおせるのでとても効率が良いです。

 

before

after

カーポートも耐積雪のタイプにリニューアル。

ポストも素敵なデザインに変えました。

 

 

ストレスなくお庭を眺められるようになり、草取りもとても楽になると思います。

すっきりして毎日の気分も上がりそうですね。

お任せいただき、ありがとうございました。

ウッドデッキひとつにしても、、、

2021.07.8 | Category:エクステリア 勉強会

ハウスメーカーで家を建てるとき、ついでにウッドデッキを付けるのはやめましょう。

ウッドデッキの工事をハウスメーカーで頼むと、深く考えずに設置されることが多いからです。

 

三協アルミさん主催の古橋先生のウェブセミナーの中で話された一部です。

(めっちゃ共感)

古橋先生の講習の中でのプラン例は毎回、昔ながらの飽きの来ないデザインをブレずに提案しています。

使い勝手の良い同線と見た目の門周りと庭のプランの作り方を提案していて、初心に返り、ちょっとした気づきも多く教えてくださいます。

 

ウッドデッキひとつ取っても、

我々エクステリアのプロは、デッキを何にどう使うか、部屋と周囲の兼ね合いなど、色々な側面からアプローチして使い倒していただけるように考えてご提案します。

実際、付けたけど使っていないもったいないデッキが多い事を知っているからです。

プロは、使い勝手の良いサイズ、高さ、日除けなど、色々なご提案をすることができます。

既存のデッキに、なんでこのサイズやねん!と突っ込みを入れたくなる事が多々あります。(デッキだけではありませんが…)

 

 

つくづく感じることですが、同じ庭はないので、ひとつひとつがオリジナルの提案。

プランも見積もりも、二つと同じものを作ることはありません。

その為、見積もりには時間もかかるし専門性の高い職業。

エクステリアのプロに、お庭は頼むべきです。